釣りの事なら釣太郎

ルアー釣りの強み、エサ釣りの強みについて

LINEで送る

魚が口を使うとき、主に2つのパターンがあります。

一つは食性バイト、もう一つはリアクションバイトです。

食性バイトとは魚が空腹を満たすために行う行動です。

エサ釣りで言えばフカセ釣りやちょい投げ釣り、ルアー釣りで言えばミノーの同じリズムの動きやワームの底ズル引きなどが食性バイトで口を使っています。

食性で魚を釣るのはエサ釣りの方に分があります。どうしてもプラスチックや鉄の塊であるルアーでは見切られる回数も増えてしまいます。 

しかし、マズメに入って魚が簡単に釣れる状況ではルアーの方が手返しが良く、釣果が伸びる傾向にあります。

 

次にリアクションバイト。

これは魚が反射的に口を使う、本能で魚を食べる時に行う行動です。

主にミノーの不規則な動きや緩急のあるリーリング、トップウォーターの静から動の動きに口を使うのはリアクションで食ったと表現します。

ルアーの強みはリアクションバイトを誘発できる点と、ライブ感(生きているように見せれる)を演出できる点にあります。

ライブ感で食性に訴えて寄せて、リアクションで食わせるのはルアーにしかできない芸当です。

本当にうまい人は魚に食わせるチャンスを与えながら、自然な動きも織り交ぜて見切られないように操作しています。

 

どちらのパターンにも言えるのが、狙う層と、どこに居そうかを想像することが大切です!!(岡)

 

LINEで送る