釣りの事なら釣太郎

インターラインロッドのライン通し

LINEで送る

 

今回はインターラインロッド(中通し竿)についてご紹介

 

 

インターラインロッドとはなにか?

 

竿の外側にガイドがなく、竿の中をラインが通ります。

竿の中を通っていることにより、ガイド絡みがほぼありません。

そのため、夜釣りや、エギングなどガイドに絡みやすい釣りではインターライン竿を使われることが多いです!

ガイドに糸が絡んだままキャストしてラインが切れたり、穂先が折れたりしたことがある人もいるのではないでしょうか?

 

インターラインロッドは、外にガイドのあるアウトガイドロッドとは違い竿の中を通すので、

今回は糸の通し方をご紹介。

 

 

インターラインロッドは使ったあとは必ず手入れをしましょう。

中にゴミがあったり、汚れが溜まると、糸切れや、糸の出が悪くなります。

 

手入れや糸を通すのがめんどくさいと思われるかもしれませんが、釣りをしている最中は糸絡みを気にしなくて良いのでストレスなく

釣りに集中することができます。

是非一度使ってみてください。(門)

 

 

 

LINEで送る