釣りの事なら釣太郎

白子持ちの寒グレ始まってますね・串本地磯釣行

LINEで送る

2021年2月6日 土曜。

 

この日の撒き餌は生オキアミM3kgと
プレミアムホワイトグレ。

生オキアミは前日に3/4を集魚剤と混ぜておいて、
残りの粒のしっかりした生オキアミ1/4は
当日にのっけて混ぜつつ、刺し餌をとりつつやってます。

ルクス生Sは、
自家製がなくなってきたので、
今回は買いました。

加工のオキアミも
やはり餌持ち良いので、持っておきたい考えです。

プレミアムホワイトグレは白系の集魚剤なので、
やはり視認性が赤系よりは良いように思います。

遠投でもバラけにくので、
良い感じでした。

そして釣り開始。

足元から泡目まで、
探ってみますが、

餌まる残り。

餌取りもまったく出てきていない状況。

そのうちにボラ軍団がワラワラと集まってきて、
どないしよーという状態。

11時半前に、

同行した眼鏡君が・・・

ボラ以外でのガシラが釣れて

二人でテンションが上がるぐらいの渋い状況です。

我慢の時間がすぎた13時。

来ましたよぉ!!

眼鏡君の竿が曲がりまして、

ギリ30cmオーバーぐらいグレやけど、
釣ってない僕も嬉しい一匹でした。

イガミ追加です。

冬のイガミは旨いですし、
エエ魚です。

僕はと言うと、
ぜんぜんダメダメで、ボラぐらい。

このあと、先行者さんが帰った西側へひとり移動です。

西側のほうが波のブツかり方が強めで、
濁りもある感じ。

ぶち切られも何回かありましたが、
直結が甘くて、そこで切られまして、

そこからしっかり結ぶようにしました。

15時半。

あらためて海を観察。

足元に波が強めに当たってサラシ。

そのサラシの切れ目にそって、
右方向の浜へ泡目が伸びている。

仕掛けも、その泡目にそって右へ流れることが多く、
撒き餌もそれに沿って右へ行ってるのか、どうなのか。

ボラを釣ったのち、
アカンなぁーと思っていたら、

なんだか、沖の数カ所に泡目らしきが
小さくいくつかあって、

なんかパシャっとしたような…。

気のせいかもせんけど。

サラシの切れ目よりもさらに2-3mぐらい沖に撒き餌。

そしてそれより手前の右手へ仕掛け投入。

 

 

下手なので、
辛うじても辛うじてでしたが、

やはり嬉しい一匹でした。

まんまるちゃんです。

 

寒グレはやはり難しいですが、
オモシロイですね。

LINEで送る