釣りの事なら釣太郎

紀州産のクエと言えばブランド。手に入ったので早速スタッフと一緒に試食してみました。

LINEで送る

塩焼きとボイル。

これはシンプルですが、素材の判断が最もつきやすい食べ方。

釣太郎キッチンでは、あらゆる魚をテストして、旬の魚の食べ方、匂いや油のノリもチェックしています。

40Kのクエ、100Kを超えるマグロ、5㎝のヒイラギ、ネンブツダイまで釣り人に代わり捌きます。

LINEで送る