釣りの事なら釣太郎

アナゴとハモ、見分け方知っていますか? 食べることはあっても、まるっぽで生きているのは見ないかも?

LINEで送る

ハモは鼻が伸びるように尖っていて、これで獲物に噛み付きやすくなっており、歯も鋭く狂暴。

すぐに噛み付きます。故に食む(はも)という名前に転じたという説が有力。

アナゴはおとなしく歯もありません。  

万一噛まれても大丈夫。噛むことはまずありません。

ウツボは黄色っぽいので、子供でも分かりますね。

ハモとウツボは生きている場合は、取り扱い要注意。

噛まれると大怪我をします。   

 

 

 

LINEで送る