釣りの事なら釣太郎

釣り人にはアカジャコという名称で、堤防からサビキ仕掛けで釣れるお馴染みの小魚。クロホシイシモチ、ネンブツダイ、スジイシモチのご紹介。

LINEで送る

 

ひっくるめて赤じゃことよばれることもあり、ネンブツダイということも。

和歌山でも最も多いのはクロホシイシモチで、これはライン(線)が入っていません。

ネンブツダイは数が少なく余り釣れません。目に横線が入っているのが特徴。

スジイシモチは、体全体に横線が入っているのでわかりやすいですね。 防波堤からサビキで釣れる馴染の小魚で、雑魚扱いされますが、頭を落として内臓を取れば、から揚げにして食べれます。

じっくり揚げれば硬い中骨も食べれます。 さばくのが面倒なら、釣太郎みなべ店へお持ち込みください。 折角釣ったのなら、美味しく頂きましょう。

 

 

 

 

LINEで送る