釣りの事なら釣太郎

大物魚は、うろこをかくより包丁で切り取る方法を「すき引き」といいます。この方が早い場合があります。魚調理、鱗編。

LINEで送る

ハタ科の魚、特に大きくなるクエでする場合が多いのですが、ブリやヒラメの場合も。  

細かなウロコの場合、もしくは取り難い場合は、包丁で削ぎ取るほうが早いのです。

皮も同時に直ぐので、肌が真っ白になりお化粧したように見栄えが良くなり、魚屋さんの場合、価値を付けることを目的に梳き引きすることも。

基本的に皮を食べない限り、スキビキは必要ありません。  

大物は皮も厚いので、薄くすれば食べやすいという利点もありますが、小さなものは基本的には行いません。

ただ魚自体が白くなり見た目がよくなるので、自慢したりインスタ映えします。

時間がかかるため別途料金となりますが、ご要望の場合はお申し付けください。

ハタ科=すき引きではありませんので、この点のみご留意ください。  

 

LINEで送る