釣りの事なら釣太郎

「すき引き」は大物魚をさばく時に使う手法で、皮と鱗を包丁で削ぎ取ります。鱗が取り難い、細かい大型魚は、うろこかきを使うより早いのです。【釣太郎キッチン】

LINEで送る

最近は商品価値を高めるため、SNS映えする為にも、用いられることが多くなってきた「すきびき」は、本来調理方法を短縮させるために、包丁で皮ごと切り落としていました。

大きな魚は大変な力と時間がかかるためです。   

また大魚になると皮も厚い為、必然的に食べ難くなり、食べやすいように薄くするという意味合いもあります。

お刺身で食べる場合は、皮を別途で湯引きする場合は別として、食べないのなら梳き引きは必要ありません。

皮と一緒に食べる場合(お鍋用、煮付け、塩焼き等)のみ、すき引きを行います。

クエ等のハタ系が有名ですが、ブリ等の青物やヒラメ等でも行う場合があります。  

基本的に小さな魚には用いる必要性はありませんが、ご要望なら別途料金が掛かりますが(魚は小さいほど手間が掛かります)、やりますので声をかけて下さい。

LINEで送る