釣りの事なら釣太郎

百円均一も含め、包丁の種類のご紹介。出羽、ヤナギ、家庭用文化(三徳)、ペティ、小出刃、骨すきと、多種の包丁があります。

LINEで送る

100円ショップの三徳(文化)包丁もよく切れます。驚く程に。もちろん両刃です。つまり両面から研いでいます。

でも最初だけで、すぐに切れ味は落ちます。急激に。

また研げば戻りますが、ちょっと手間ですよね。

一般的に魚を下ろす時は出刃包丁を用います。もちろん片刃です。

片刃は基本的に性質上、斜めに入っていきます。肉を削ぐ、という感覚です。

魚は大きさに応じて、包丁も代えるのがベスト。

30センチの魚を普通の家庭用包丁でおろしたことがありますが、やはり不安定で心許ない感じでした。

魚をさばくのなら、出羽がベスト。

できれば大小があれば文句なし。

そんな面倒なことはできないという人は、釣った魚は釣太郎キッチンにお持ち込み下さい。

 

LINEで送る