釣りの事なら釣太郎

巨大クエ20kgをフカセ釣った漢~すさみ地磯夜釣り後編

LINEで送る

日付変わって2020年5月30日 土曜。

深夜1時過ぎ。

金城さん、何か掛けてるみたいっすよ。
ものスゴイドラグ鳴ってますし。

マジっすかー。

僕の立ち位置は
サラシの真ん前なので、聞こえなかったけど、

右手のシゲさんには
かなりの音が聞こえているらしい。

とりあえず、仕掛け回収してから
行ってみる。

 

何かがタモ網に入ってるけど、

それより何かのほとんどがタモ網の外に出てる。

???

どうなってんの?

こっち来て!竿持ってぇーっ!

だいたい助っ人なら、
タモ持つけど、竿!?

あ・・・ものっそいデカイ魚…クエ系のやつか!?

なんせ、足場悪いので、
気をつけて降りてから、

竿を受け取って、
僕が持つ。

うえぇえええぉぉおおぃいぃ!!!

金城さんがいつもの、おフザケとは違う、
渾身の力を振り絞って、

タモに入った魚を持ち上げる。

ってか、魚が頭しか入ってないけど、
どうなってんの!?

あとで聞いた所、
クエのエラが張って、
ちょうど網に引っ掛かってたらしき・・・。

ものスゴイデカイ魚を引き上げる金城さん。

タモ網が重量でひん曲がって、
もう壊れそう。

実際このあと、
フレームが丸から楕円形に変形してしまった。

安全な場所まで引き上げられた巨大魚。

意味分からん。

なんやこれ。

意味分からん。

どぉおおおおおおん!!

釣った直後の計測で、

長寸は110cm。

しばらくみんな、絶句です。

ざっくりと金城さんの仕掛けを書きますと・・・
—————————————-

竿:BASIS BG6号。

ハリス24号。

餌はイカ

浮きを使ったフカセ釣り。

—————————————-

クエ釣りのぶっこみ仕掛けではありません。

フカセ釣りでの釣果です。

これぞモンハン・・・というか、
フカセでのこの巨体の釣果は

僕なんぞでは聞いたことないです。

・・・おそらくですが、

フカセでの

クエ釣りの

磯釣り伝説

やと思います。

朝になってから
この巨体を持ち帰るのですが、

岩場登って、山道歩いて帰りますので、
これがまた大変でした。

そして、計測して貰うために釣太郎へ~♪

さてさて重量は・・・!?

 


さあて、このあとどうしたら良いものかと
悩んでいると、

釣太郎の店員さんが連絡を取り合って下さいまして、
Kさんがご自宅で
捌いて下さる事となりました。

釣ってない僕が言うのもなんなのですが、
大変ありがとうございました。

頭もカマも割ってくれて、
キレイに捌かれています。

おまけに胃袋は洗浄までしてくれて、
めちゃめちゃキレイな仕上がり。

ウロコを包丁で削いで剥ぐのも、
ものっそいキレイに仕上がっています。

よく砥がれた切れる包丁と
捌く腕によってなせる技だと
感じました。

ありがとうございましたm(_ _)m

金城さんから
クエの一部を分けて頂き、
僕が作ったのはこんな料理です↓


左は胃袋のポン酢和え
右は肝のゴマ油和え


肝と胃袋と大根の煮付け

刺身盛り
手前の左右がクエ&炙りのクエ
奥は左ヘダイの右フエダイです。

3日熟成ではまだ足らず、
もっと置いた方が美味しくなりそうでした。

なんせ、身が分厚いですし。

贅沢なるクエのフライ

と、まだ身が余って熟成中ですので、
また作ろうと思います(^^)

LINEで送る