釣りの事なら釣太郎

スモールベイトパターン 解説

LINEで送る

スモールベイトパターンとは

 

捕食しているベイトのサイズが小さく、

魚がそのサイズ、シルエットを認識している為

それ以外の大きさの魚を捕食し難い。

その為、使用しているルアーサイズをベイトサイズに合わせる

事が前提。

しかし、ルアーを小さくする事で針のサイズも小さくなり、

伸び、折れが発生。

竿を柔らかく、ラインを細くしなければルアーを投げる、動かすこと

が困難になります。すると主導権を握れずラインブレイクの可能性も。

 

そこでルアーを水中に潜らさず水面で水泡をと共に滑走する

トップルアーならリアクションバイト(反射食い)して来ることが

多々あります。

九州では晩秋よりこのパターンが多く、釣れる魚が大型のヒラマサなので

大きめのポッパーを使います。

見渡す限りナブラになってもルアーに反応しないことがあり、

ポッパーにだけ稀に反応するので一日中ポッパーを投げ続けます。

 

紀南ではヒラマサよりブリ族の方が多いのでルアーサイズを12~14センチの

ポッパーを使用。できればクリアーカラーが有効です。

水中にルアーを潜らさない事でシルエットをボカシ魚に見切られないようにします。

 

今回も当初17センチのポッパーを使っていましたが無反応だった為、14センチクリアーカラーのポッパーに変更、更に出来るだけ日没寸前のローライトのタイミングでの釣行が釣果へ結びついたと思います。

使用タックル

アピア ブラックラインエクストリーム 100H

旧ソルティガ6500エクスペディション

PE4号 リーダー80LB

エイムス スプラッシュヘッド140F

LINEで送る