釣りの事なら釣太郎

2020/3/22 夕間詰めに頼るグレ釣り・串本地磯

LINEで送る

2020年3月22日 日曜。
串本の地磯。

思ってたより、
さらにベッタベタの凪です。

*************************************************

フカセ釣り仕掛け
竿:NFT 翔磯 1号 530  

リール:シマノ ツインパワーBB-X GT800

道糸:シマノ ファイアブラッド ZEROサスペンド ナイロン 2
浮き:Tフェニックス M-u/0
   →ガジェット L-0
  
ハリス:スーパートルネード 1.75号および1.5号・4m道糸直結
    →スーパートルネード 2号・4m道糸直結

針:グレ4-6号

  
刺し餌:生オキアミM・ルクス S
撒き餌:生オキアミM・アミエビ・強力グレZど遠投

 

*************************************************

 

撒き餌には
小魚見えず。

遠投の深めを攻めることになる可能性が高いので、

ハリス1.75号を長めの4mとって開始。
浮きは最近のお気に入りの
Tフェニックスu/0の全誘導。

針がグレ5号。

とりあえず足元狙いから。

キワからチョウチョウウオがちょっと出てくるけど、
元気ないのか、

すぐに隠れる状況。

 

ラインのテンションかけつつ、
少しずつ糸ふけだすと

ジワ…

合わせときましょう。

一投目からのコッパグレ。

グレおるやぁーんと
テンション上がるも、

次からは餌残り。

チョウチョウウオもそんなに
餌触る訳でもない。

と、右手のフカセ師さんがグレを釣ったのが見えた。

遠投をしているみたい。

僕の立ち位置からも

出来る限り遠投してみるけど、
餌が残る。

風も横風となって、
深い棚へ届いてない感じがする。

とにかく、より遠投がしやすいように、
浮き大きめにガジェットL-0。

もっと飛ぶようになったけど、
なかなか釣れない。

何も当たりが出ないなぁーと、

長く流していると、
餌がなくなっている。

でも、早めに回収すると、
餌残り。

10時半。

グイーー ガツ ガツ

結構引くけど、
叩くやつ。

30cmぐらいのアイゴ。

やっと明確な当たりが
左手15m位先の深場らしきで。

11時過ぎまでに、
右手のフカセ師さんは、

もうグレらしきを10匹ぐらいは釣っているっぽい。

立ち位置ちがうのもそうやけど、
腕。

疲れてるので昼寝はさんで続行。

13時半。

ここから急に猛威をふるい出したのは、
10cmもないサイズのサバ。

ここから撒き餌と仕掛けを同じタイミングで入れると、
表層で子サバが刺し餌をつつくようになったので、

タイミングズラシたり、
ポイントをズラシたりする作戦へ。

サバと一緒に、
ボラ軍団も撒き餌を追尾してくる。

むしろ、ボラは
撒き餌がなくなった後も

浮きの周りに居座るので、
ウゼーと思っていたら

60越えのボラ。

もう時刻は16時で、
またまた夕間詰めに頼るグレ釣りタイムに入ってしまいました。

まだまだ子サバの猛攻は続いていて、
沖に多めに撒き餌撒いてから、

足元に仕掛けを入れたり、

その逆やってみたり。

少しは分離出来てそうやけど、

結局釣れるのは子サバで、

なんだかやっぱりダメなのかも。

 

 

16時半。

あらためて、足元のキワ。
ギリギリガールズ作戦を実施。

キワに根掛かるほどの
ギリギリの食い込みを狙う。

撒き餌には、
相変わらずのネンブツダイらしき魚が群がり、

その後に子サバも来る。

もっと撒いたれ~と、
追加の撒き餌を入れたら、

それらの餌取りがなぜか見えなくなった。

なんか、エエ感じなのかな!?と、
そこで刺し餌をギリギリガールズさせる(投入する)。

ラインを張りつつ、

ちょっとずつ沈むのに合わせて、
ちょっとずつ出す。

モゾ…

これは当たり?ではないかな。

ススス

浮きが波の動きと違った沈みかた。

合わせ。

グイーーーーーン!

足元へ突っ込む当たりを
竿でためる。

なんか強いぞ。

ガンッ!!グググんガンっ!

なんだかサンノジっぽいけど、
無理せず、レバーはあまり使わず、

足元のキワに入られないようにためていたら、
浮いてきた。

あれ・・・サンノジちゃうわ。

グレ36.6cm!

またまたこの場所で、
夕間詰めに頼る釣果となった訳で、

なんだか進歩してねぇーなぁーとも思いながら、

ジュゥーーーーン!

やるなら今しかねぇ~♪

と、言っている
白子を食べたい僕もいる訳です。

デカイの獲ったるでぇーー。

ハリスを1.75号から2号へ太く。

ガン玉はG7が2個あったのは、
この時点からはノーガン。

夕凪で風も弱くなってきたし、

足元狙いをメインにするなら、
ガン玉はいらんし。

 

すぐさま、足元ギリギリガールズの
グレ30cmぐらいを追加。

急に足元の活性高まったんかも。

でも、ここからは足元も
グレ釣れなくなったので、

遠投までを広く探り直すようにする。

でも、まだまだ、
10m以上先では子イワシが活性高くて、

すごい邪魔。

ボラ軍団は消えてくれたけど、
サバ邪魔。

17時半を過ぎて、
20mほど沖でも、

急にサバの気配がなくなり、
餌残り。

あぁー、やっと落ち着いたわ。

と、思ってたら

スーーーっと浮きが入った。

 

30cmぐらいのグレ。

真子らしきがお腹から出ていたので、

のっこみだと思うけど、

小さいのでリリース。

最後の一投は足元で
デカイのにやられて終了でした。

…まぁ、
ただのサンノジかイズスミだったのかも
せんですけどね。

 

釣太郎のチヌ・グレ混合ダービーへエントリーしてきました。

サイズは36.6cm。

 

幸運にも、
1匹だけ持ち帰ったグレは白子持ってました。

大根おろしの上に
グレのお刺身と湯がいた白子をのせてポン酢で頂きました。

釣ってすぐのお刺身は、
やはりモチモチした歯ごたえで美味しいですね。

グレの白子は・・・まさに釣り人の特権。
と、いえる美味しさかも知れません。

濃厚でクリーミーでした(^^)

LINEで送る