釣りの事なら釣太郎

12/28 活きアジ飲ませでメジロ&ヒラメ

LINEで送る

2019年12月28日 土曜。

大人の冬休み一日目。

せっかくの連休なので、
ふだんやらない釣りをしたい。

それも、
2年前の冬は、
田辺湾の湾奥で師匠がブリ釣ったりして、
ブリフィーバーがあった。

今年は青物当たり年らしいし、
同じように青物ありえるかもなぁーと思っていたけど、

実際の釣果情報は聞いてないし、
実は釣れてるのか、どうなのか分からん。

なので、試してみることにした。

釣太郎みなべ店で活きアジを仕入れ出発。

夜明け前の真っ暗な湾奥ポイントには、
ものすごい数の釣り人が埋め尽くしている。

タチウオかなぁーと思っていたけど、
あとでルアーマンさんに聞いたら、

デカイアジが釣れてるらしい。

そういえば、
去年の冬も釣れてたらしいし、

やっぱりデカイアジは食べても美味しいと思うので、
人気なのかも。

入る場所がなかったので、

同じく田辺市のもう少し湾外寄りのポイントへ6時着。

あとから、ルアーマンさんもやってきたけど、
ひとは少なく、

あまり青物も釣れてないのかも。

ベタ凪で、
ナブラもなく、小魚も見えず。

フグがゆらゆら足元に見えるぐらい。

なんも起きんなぁーと思って、
右のテトラ側へ流れていく浮きに合わせて

道糸を送りながら、
フカセの仕掛けは整理しておく。

満潮の7時半近く。

棚設定は5m。

当たりがないので、
だんだん深くしてこのぐらいになっていた。

おそらく根がかりのギリギリ近い感じ。

船が通って、
波でバシャバシャ。

ふと、見ると、
ウキが消えていた。

階段状の堤防の立ち位置から、
右手のテトラに上がって、

糸ふけを取って合わせ。

グイー

なんかちょっと重い。

なんか平べったいシルエット。

針の位置がなんか変。

なので、糸はテンション保ったまま、
タモは入れずに、

そのまま抜き上げる。

とにかく不思議なのは、
アジの背掛けにしていた位置と、
ヒラメの背掛けになっていた位置が同じ比率ということです。

マジックですね。
まんまと騙された感じです。

 

ひっさびさもひっさびさの
青物で嬉しい。

タモ入れはちょっと苦戦したけど、
上顎に真鯛針12号がしっかり刺さってしたので、

なんとか獲れた。

その後も、
アジが微妙に暴れたり、収まったするも、
当たりは出ず。

10時過ぎに撤収。

連休初日にして、
出来すぎな釣果が出てしまった。

メジロは脂乗ってなかったけど、
ヒラメはやはり美味しい。

 

LINEで送る