釣りの事なら釣太郎

グレの食いが悪いです・・・。

LINEで送る

12月7日 市江 吉丸渡船さん 大島

 

黒潮が離れているので、本来の潮の色ではない状況が続いています。

この日、ここ大島では、グレの姿が見えず、まったく駄目でした。

通常なら、エサトリのシラコダイやチョウチョウウオなどは、水面近くまで

浮いてエサを取りますが、この日は、底近くでエサを食べています。

これは3日間、北西風と寒波で吹きさらしたので、表層水温が

下がったと考えられます。

こんな日は、相当グレは厳しいです。

潮の中には、ほとんど出てこないので、シモリ周りを

ネチネチと探って、小さいアタリを取るしかありません。

反転喰いは、なかなかしないので、アタリは小さいです。

 

逆に石鯛が釣れたのは、まだ底まで水温は下がっていなかったことと、

時合いの時間に底潮が動いてくれた結果です。

さて、本来19度前後の水温なら、青いグレや尻尾を真っ白にして、乱舞するグレの姿が見え、

10枚、20枚と浅い棚で掛かるのですが、今年はそのような事はないのかもしれません・・・。

 

この当日は落ち前で風も波もなく穏やかな天気に恵まれました。

 

やりとりは、店長とまさ兄貴です。

船着は上ってますか?東は溜まりになってウニそのままです。

グレ見えますか?駄目、イズスミは?駄目。

あいつら(シラコダイ達)だけ?あの動きかた?

こりゃグレ厳しいですね。

朝の時間8時~10時(9時40分満潮)逃したら今日はないです。

 

日置の松での撮影は、GOPRO4で撮りましたが、

手ブレがひどいので、最新のGoPro6に変えました。

映像はブレもなく、非常に綺麗に映っています。

 

 

 

LINEで送る