釣りの事なら釣太郎

テンビンの使い方説明。今回は昔ながらのSEIKO半円月天秤。これは磯や堤防釣りによく使います。


中央にはカゴや鉛と取り付けますが、簡単に取り外しができるようになっています。

短い方が道糸で、長い方がハリス(仕掛け)を取り付けます。

天秤は向こう合わせが基本なので、長い方が針が基本。

つまりアップする(反りあがる)ように使います。

テンビンはサイズや魚種により、大きさを変えるのが鉄則。

#半円月天秤の使い方#釣りテンビン#天秤取り扱い説明