釣りの事なら釣太郎

店長のグレ釣り考察 日置の川グレ


この濁りを見たら、普通の釣り人ならこんなとこじゃ釣れんわと思うでしょう。

しかし、川グレハンターなら

もうよだれが出て脳汁があふれる状況です。

日置川上流の殿山ダムが放水をしているので、濁っている状況です。

なぜこんな状況でもグレが食うのか。

日置川ってところは、案外上流までグレが上っています。

国道の下あたり、一度覗いてみてください。

テトラの周りに40オーバーのグレがいっぱい見えています。

この上流のグレがダム放水によって大量に流れてくる真水を嫌って

下流の川磯に降りてくるのです。

 

釣れる状況ですが、実際に釣るのは激ムズです。

当然川なので、右から左に流れています。

しかしその下には汽水ゾーンがあり、その下に海水ゾーンがあります。

表面は左に流れ、下の海の潮は右に流れる。

そこに中間の汽水ゾーンも流れがあります。

なので、常時3枚潮となります。

簡単に考えれば海水ゾーンまでウキをぶち込めばいいのですが、

道糸が川の流れに負けますし、

濁っているときは、ウキを沈めると当たりが分かりません。

なので、川の流れをよく見ます。早くなる時と緩くなる時があります。

この磯は松という場所ですが、ワンドの中にゴミが溜まってくれば流れが速いということなので、

沖に仕掛けを入れてもマキエと合わすことも馴染ませることも不可能です。

足元から流れが効いていない所をネチネチと釣っていき、

ワンドのゴミが海の方に流れだしたら、川の流れが弱くなっているので、

沖側に仕掛けを入れて沖のグレを釣ります。

この川の流れ、3枚潮に加えて、大潮、中潮という要因もあります。

大潮の下げ潮なら、川の流れと潮の流れが同じ方向に行くので、激流です。

逆に上げ潮なら流れが弱くなるので、釣りやすくなります。

沖にグレが出るなら、軽い仕掛けでウキゴムの動きでグレを掛け合わせて

足元にしか出ないなら、ビシの位置を調整してなるべくウキが先行しないとうに張りながら

流していくと釣れます。

同じウキを使っていても、上げ潮下げ潮で塩分濃度が変わるのでウキの浮力が変わります。

その都度修正します。

この川磯は初めて行ってもなかなか釣れないので、何度も行って

地形がどうか、グレがどこから出てくるかを見ると良いです。

僕も最初5回くらいは、どうやって釣るんだろうと手も足も出ない状況でした。

川グレが流行る前、初めて白灯台に行った時、とにかく重い仕掛けでとBB-3Bでハリス2.5号で

46cmのグレが釣れました。その後、一回りでかいグレが来ましたら、タモ入れ寸前でハリはずれ。

50オーバーのグレもここでは夢ではないでしょう。

何度もでかいグレがマキエを食っているのを見たことがあります。

55cmくらいまでのグレなら普通にこの川にいると聞いたことがありますし、

もしかすると60オーバーもいるのかも知れません。

川磯で釣るなら、三倉渡船さんにお願いして、17時まで延長させてもらって下さい。

16時まで坊主でもそこから一気に夕マズメチャンスで10枚釣れることもあります。

こちらとある日の川グレの釣果です。

松よりも上流側の壁という場所です。

15時まで丸坊主で、延長をして一気に釣れました。

これ何がすごいって、画像のグレ一番小さいのが38cmです。

他は40オーバーで45cmが5枚ありました。