釣りの事なら釣太郎

同じ魚種でも、色の濃淡があるのはなぜ?


魚(イカも含め)は興奮すると体色が濃くなったり、模様が浮き彫りになることがあります。

水槽で飼育しているものを観察していると、数分後に濃色が薄色に変化することも。

平時は薄色が多く、危険の察知や捕食前に濃くなることが多いのです。

一般的に色合いの濃いものは居着きで、薄いものは外海から入ってきたものと言われています。