釣りの事なら釣太郎

冬季のグレ針は6号が標準サイズで、食い渋くなるにつれ、より小さい号数へ移っていくのがセオリー。


あたりがないときは、釣り鈎と沖アミを小さくすれば、ヒットする可能性があります。

特に厳冬時は、この手法は価値が高い。

使用する針は短軸や軽量が、グレ(メジナ)の負担が少なく、あたりも取りやすいのでお勧め。

#寒グレ釣り用針#適合サイズ紹介#おすすめグレ鈎