釣りの事なら釣太郎

気軽に行ける地磯、解放感満開の沖磯で大物魚狙い。あなたはどっち派? それぞれの特徴説明。


地磯は陸続きで歩いて行けます。

気軽さが売りで、あたりが無ければ簡単に場所移動もでき、帰ることもできます。

一方で沖磯は、出船時間や引き上げ時間が決まっており、船頭さんの指示に従うことになります。

渡船代金もかかりコストアップしますが、個人的に一生に一度は沖磯の体験をされた方がよろしいのでは?と感じています。

周囲は海だらけで、雑音もなく聞こえるのは波と風の音だけ、という場所が多いのです。

日常とはかけ離れた空間と景色の中に身を置けば、ストレスもぶっ飛び、解放感でドーパミンが溢れて来ます。(笑)

船頭さんに頼めば、平日なら磯を独占できるところもあり、これなれば極楽とんぼそのもの。

海をより満喫したい人には、沖磯はお勧めです。

#沖磯と地磯の違い説明#沖磯とは渡船で渡る#地磯は歩いて行ける