釣りの事なら釣太郎

ニシキエビとゴシキエビの見分け方説明。共に、伊勢海老の仲間ですが南方系。


和歌山南紀地方では、エビアミに稀に掛かり水揚げされます。

ニシキエビは、イセエビ科では最も大きくなります。

甲羅の突起が少なく、足の赤と黄色の線が横に入るのが特徴。

腹側には模様がありません。

ゴシキエビは甲羅に突起が多く、黒色が強く色彩豊か。

内側にも黒色模様が多数入っています。

#判断の仕方説明#ニシキエビとゴシキエビ#錦海老と五色海老の相違点