釣りの事なら釣太郎

海上釣り堀やクエ釣りの人気餌メジカ。これはソウダガツオの仲間で学名マルソウダ。ソウダガツオに分類されます。釣太郎の魚肉エサ紹介。


口と目が近いので目近。ここからメジカとなったと言われている魚。

血合いが多く生臭いので、これが抜群の効果がある理由。

生で食べると非常に美味ですが、食あたりを起こす頃と有る為、通常は節として流通しています。

地元ではスマガツオ、テッポウ(鮮度劣化が早く、食あたりする為)とも呼ばれています。

包丁を使い切って、エサの使い方の実演します。

タコやクエ、青物魚、タチウオテンヤ釣りエサにも使われます。

正式名称はマルソウダ。この仔魚のこと。ソウダガツオの一種です。

マルソダとの違い説明。

一般的にスマガツオを呼ばれることも多いのです。