釣りの事なら釣太郎

8/27 (土) 昼からのオフショア釣行記 SLJ、イカメタル、ブッコミで楽しめました! でっけぇクロホシフエダイも!


 

明るい内はSLJ(スーパーライトジギング)をしました。

やや波ありで、ベタ凪カンカン照りが続いていた中の変化があるタイミング。

いかにも釣れそう。という雰囲気がありました。

それなりにアタッてきて、それなりに釣れました。  

ほんの2週間前までは、メンドリとエソ、サバフグのオンパレードでしたが、少しづつ状況も良くなってきています。

 

日が落ちてからはイカメタル。

父はイカメタルを熱心にやっていました。

が、物凄い数のサバ。 アカイカが乗って、巻き上げている時に別のスッテにサバが乗ってイカが外れる。 やりたい放題です。

イカも数は釣れませんが、サイズが上がってきました。

もうそろそろシーズンも終わりですね。

えげつなすぎるサバの量。

道具はテキトーやけど、太い糸はあるから大物狙いでもやってみたいなー。

と思い、タイラバサビキでとりあえずサバを確保。

サバは、いくらでも釣れます。(笑)

25㎝位のアジ、イサキもサビキに食ってきました。

いよいよ、バチコン開幕ですね。

 

ここで分かったのは、イカメタル中の魚の遊泳層。

水深50Mなら、

水面~20Mはサバの大群。

20M~30Mはアジ。

底ベタはイサキ。

 

いままで、夜の魚の遊泳層は意識してなかったので、勉強になりました。

たまたま持ってたトリプルサルカンと50号のオモリで、即席のブッコミ仕掛けを作りました。

ジギングの針に30㎝くらいのサバを引っ掛けて、着底放置!

死んだ鯖を使う時は、ナイフで腹や背を刺しまくって、臭いが出るようにしています。

 

そもそも、やるつもりもなかったので、トンジギ用のジギングタックルです。

 

一発、デカい魚とか来てくれたら・・・・ という浅い考え(笑)

 

浅い考えで始めましたが、アタリは3回ほど。

 

死んだサバなので、コンコンと竿が動けば、確実に魚とのコンタクトです。

3回目のコンコン・・・

 

エサが、30㎝以上のサバなのでかなり放置。

5分ぐらい待ってみましたが、まだコンコン言っているので、確実に喉の奥に掛っています。

 

竿を持って、ドラグをガッチガチに締めて、フルフッキング。

根魚なら初速で根に突っ込みたがるので、それもケアするために、ゴリ巻き。

 

ハリス20号は、そう簡単に切れないので、全力でゴリ巻きます。

 

思ったより簡単に上がって来る・・・

モンスターではないな。 そこまで小さくはないけど・・・

 

水面まで上がってきました。

一瞬シブダイや!!と思いましたが、クロテンでした。

クロホシフエダイ。

はじめて釣る魚だったので、めちゃくちゃうれしい(笑)

51㎝です。

顔がバケモノ・・・・

 

最終釣果はこんな感じ。

良く釣れた方です。

以前より楽しめる状況になってきました。

 

クロテンは、刺身と塩焼き。

まぁまぁです(笑)

飛び抜けて美味しいわけでもなく、磯臭いわけでもなく・・・

 

普段、マイボートではブッコミやノマセはやりませんが、全然アリやな。

と可能性を見出せた釣行でした。

 

さっそくクエ針を揃えて、次回の準備済み。

夏のそもそもアタリが少ない時期は、大物狙いの方が面白いかも。

 

そのうち、クエ釣り釣行記を上げるので、待っていてください(笑)