釣りの事なら釣太郎

サビキ釣り時は、潮氷で氷締めして、そのまま保冷し持ち帰りましょう。これが最も手軽で確実に鮮度を保つ方法。


海水温度と同じ熱を持つ魚は、放置すると直ぐに鮮度劣化がはじまります。

つまり美味しくなくなるのですが、これを防止するのが氷の役目。

海水を少量入れた潮氷なら、全体を冷やすことができるのでベスト。

小さな魚は血も少なく生臭さはほとんどないので、血抜きなしでそのまま活〆しましょう。

これはプロの魚屋さんも多用する冷却手法で、非常に効果的。

#釣った魚をおいしく食べる#潮氷で冷却#釣った魚は氷〆