釣りの事なら釣太郎

魚を美味しく食べる為に、氷を活用しましょう。生きている魚は熱を持っている為、これを取り除くのが鮮度管理の要諦。初心者の為の釣果保管方法紹介。


釣った魚は熱を持っている知っていますか?

海水温度同じ体温があるのですが、これは放置すると鮮度劣化が急激に落ちて、食べても美味しくなくなります。

「鮮魚」を保つために、急速に冷却するのが肝要。

そこで氷の出番となるのですが、できれば直接魚に触れない方が冷凍焼けせずによいのです。部分だけが冷えすぎるのも、問題合があります。

全体を冷却するのなら海水を少量入れた潮氷がベスト。

ここに入れれば、そのまま氷締めとなり、美味しく食べれます。

氷は必ず釣る前に準備しましょう。

釣った後では、生臭い匂いの元になりかねません。

#釣果は氷で冷却#釣魚を美味しく食べる#氷〆はサビキ釣りに最適