釣りの事なら釣太郎

魚の締め方の中で最もシンプルな「氷〆」。手軽ですが、これは釣果の保冷にも最適で、魚屋さんも頻繁に使う冷却手法。


生きている魚は、締めて血を抜くのがベストですが、数が多かったり小さかったりすると、非現実的となります。

サビキ釣り時のような場合は、海水+氷(潮氷)にそのまま魚を入れて、凍死させましょう。

クーラーボックスの中でやれば、そのまま持ち帰ることができます。

氷はブロックでバラでもOKですが、夏場は溶けやすいのでご注意ください。

魚をおいしく食べるのなら、氷で冷やすしかありません。

熱を持つ魚は、できるだけ早くに冷却して、鮮度を保つのがコツ。

釣ってから氷を買う、は手遅れとなり、魚も不味くなりがち。

氷締めは、釣行時にはとても有効な〆方&保管方法。

#魚の熱を取る氷締#鮮魚は氷で冷却#釣果保冷方法