釣りの事なら釣太郎

魚の氷〆は、海水+氷=潮氷で。保管も同時に。サビキ釣りは、これで釣果保冷すれば鮮度管理宅は万全。


大きな魚は1匹づつ活絞めすればいいのですが、小魚はそのままダイレクトに潮氷に浸けて、氷締めしましょう。

生臭さもなく、おいしく食べれます。

魚をおいしく食べるには、やはり冷却が重要。

釣りたてをそのまま、氷で冷やせば、高い鮮度が維持できます。

氷〆は魚屋さんも使っている、有効なツールなのでご活用ください。

#魚氷締め#釣った魚冷やす#釣果保冷方法