釣りの事なら釣太郎

今、何故そのジグを使っているか、説明できますか? 狙う魚種、潮の早さ、状況によって考えれば、別のジグの方がいいかも。と、選択肢が増えてきます。


ジグを選ぶうえで、一番大事なのは、潮の早さ。

潮が速いのに抵抗が大きいジグを使っていると、船から離れすぎて、回収の頻度が上がってしまいます。

逆に、潮がトロいのに抵抗のないジグを使うと、同じ場所を永遠に攻めていることになります。

 

反応が底付近にあれば、抵抗のあるジグで、フォール主体で。

底から15M付近の反応ならば、細身のジグで、上げ主体でのアピールが有効。

 

今の状況に対して、ベストなジグを使ってやるのが、釣果の最大値を取るための秘訣です。

 

釣りは運ゲーですが、確率を高めるのも、釣り人の技量が試される、醍醐味ともいえる部分ですね。