釣りの事なら釣太郎

赤貝とサルボウ貝。同じフネガイ科の二枚貝で、非常に良く似ています。釣太郎底物魚釣り餌見分け方説明。

LINEで送る

共に泥地に生息しており、大量の泥が中に入っており、食べる場合はこれを吐かせます。

サルボウ貝は、貝殻の凸凹の筋が30本と、アカガイに比べ10本少なく貝殻が硬い。白っぽくて黒縁となっているのですぐ判断できます。

缶詰に利用されていますが、煮付けとしても食べられています。

回転寿司でも、これをボイルして提供されています。

赤貝はサルボウより一回り大きくなり、全体が黒ずんでおり、殻が薄い為すぐに割れます。

貝類には珍しく赤いのはヘモグロビンで、名前の由来となりました。

海水温度が上昇する前の、石鯛釣りえさの定番。

LINEで送る