釣りの事なら釣太郎

春の釣り物特集! サビキ釣り、ちょい投げ釣り、大型アオリイカ釣りetc.


 

寒~い冬が終わり、魚も人も動き出す季節である春。

人間でいえば出会いや新生活のイメージですが、多くの魚は産卵が近づく季節です。

大型の魚たちが浅瀬に接岸して、活発に捕食を始める時期です。

また水温が上がり始め、今まで釣れなかった小魚たちもよく釣れるようになります。

 

堤防から簡単な仕掛けで、簡単に魚が釣れるのでファミリーフィッシングにもうってつけ!

 

まずはサビキ釣りから。

ターゲットは小さなアジやコサバ、イワシなど。

口が小さいのでサビキ仕掛けの号数は2~4号がいいでしょう。

初めに簡単な仕掛けの全体図を理解しましょう。

これが仕掛けの全体図、サビキ釣りの釣り方です。

 

最盛期を迎えるゴールデンウィークの時期では、カゴにアミエビを詰めなくても魚が釣れるほど簡単です。

アミエビは冷凍エサと常温のタイプの物があります。

常温の物は手が汚れにくく、すぐ使えるのがメリット。

冷凍の物は取れたアミエビをそのまま凍らせているので、匂いが強く魚を寄せるのが速いです。

また加工等の手間が無いので、常温の物よりも安いです。

お好みの物を使いましょう!

 

粘って釣りをすれば1日で100匹近く魚を釣ることができる季節です!

 

最後に釣り場の紹介。

和歌山県田辺市新芳養堤防(しんはや)内湾

 

サビキ釣りでよく釣れるのは奥に見える内湾です。

手前の護岸は小魚を捕食しに来たブリやサワラがよく釣れます!

 

和歌山県みなべ町堺漁港

釣太郎みなべ店の前にある漁港です。

シーズンになると人でごった返す一級の釣り場です!

 

次にちょい投げ釣り

サビキ釣りとは違い、10mほど仕掛けを前に投げて釣る釣り方。

 

エサは青イソメや石ゴカイを使います。

左が石ゴカイ、右が青イソメ。

どちらを使ってもあまり変わりませんが、シロギスを数釣りたい!というときは石ゴカイ。

大きいシロギスやカワハギなど幅広く狙いたい場合は青イソメがオススメ!

 

狙うのは砂地がオススメ!

投げて少し時間をおいて、ゆっくりと糸を回収して広範囲を探りましょう!

 

釣り場は

和歌山県田辺市新芳養堤防(しんはや) 砂場

和歌山県みなべ町埴田漁港(はねた)

やはりどちらも砂地メインですね!

 

ちょい投げ釣りは細長い針で釣るので、飲み込まれることが多いです。

こんな小道具があれば便利です。

 

春って言ったら春イカでしょ! という人も多いのではないでしょうか。

春イカは水温が重要です。

 

水温の目安は、3日間安定すればそのエリアにアオリイカの群れが接岸してきます。

現在は、まだ上がったり下がったりの繰り返しですが、今後は水温が安定してくる時期になります。

 

 

イカの釣り方は大きく分けて3種類

ヤエン釣り

ウキ釣り

エギング

 

それぞれ文で説明すると長くなるので、解説動画をご覧ください。

 

釣れる場所は空撮映像でご覧ください。

 

釣太郎みなべ店周辺

和歌山県みなべ町 目津崎(めづざき)

和歌山県みなべ町 森の鼻

和歌山県みなべ町 一本松漁港(いっぽんまつ)

 

釣太郎白浜店周辺

和歌山県白浜町日置 市江崎(いちえ)

和歌山県白浜町日置 笠甫地磯(かさぼ)

和歌山県町白浜町 伊古木漁港(いこぎ)

 

 

春には今まで釣れなかった魚が釣れ、気温も上がって釣りがしやすいシーズン。

お気軽にチャレンジしてみませんか?