釣りの事なら釣太郎

タカアシガニを解体するようにさばき、湯がいて食べれるようにお皿に盛りつけます。


身は大きいのですが、水分が大きいので、タラバガニに比べると格安。

ボイルするとボリュームたっぷりで、カニ好きにはたまりません。

マヨネーズを付けて食べるのが和歌山流。釣太郎キッチン。

世界最大の蟹タカアシガニの生の身。さばくなら、包丁よりキッチンバサミが使いやすい。硬い殻も面白いように切れます。身は水分が多く生食には不向きです。