釣りの事なら釣太郎

YouTubeチャンネル登録100万人達成ゴールド盾、実物を釣太郎白浜店に展示しております。

LINEで送る

和歌山県のみなべ町と白浜町で釣り餌などを販売する店「釣太郎」が、動画投稿サイト「You Tube(ユーチューブ)」のチャンネル「南紀和歌山釣太郎」で、登録者数100万人を達成し、ユーチューブから贈られた記念の「金の盾」を、白浜店(白浜町富田)で展示している。  

登録者数10万人を達成した時の記念「銀の盾」と合わせて飾っており、来店した若者らが興味深く見ているという。  釣太郎は2009年9月にユーチューブに登録し、紀南地方の釣り情報や魚の捕食生態などの情報を発信。仕掛けの作り方や釣れている魚、海の様子、釣り場案内など釣りに関するさまざまな動画を紹介している。おなかを膨らませたフグがすぐに元に戻る様子や、刺されると痛い毒魚のゴンズイなどの動画が再生数の多い人気動画になっている。  

 

湯川由弘社長は「実店舗で登録者数100万人を達成したり、実物の盾を飾ったりしているところは珍しく、『初めて見た』と言って写真を撮る来店者もいる。和歌山の魅力の一部である魚を通じ、紀南地方の情報発信をしていきたい」と話している。  地元新聞紀伊民報より https://news.yahoo.co.jp/articles/1c16f5845afbd461c4f61db605d9745ad8e8dc63

 

LINEで送る