釣りの事なら釣太郎

意外と知らない? ガンガゼウニの生態について。

LINEで送る

ガンガゼを真上から見た写真。

真ん中に目があって綺麗な模様と長いとげ。

大体の方はこのようなイメージを持っているのではないでしょうか。

 

実は真ん中の目のようなもの、肛門です。

そして肛門の周りの青い点のサークルは放精をするための生殖器管。

外円部の白点のサークルが視覚器官のようです。

視覚器官で影を探知すると、防衛反応でトゲを動かし始めます。

 

基本的にガンガゼは群れで行動しています。

1匹が防衛反応を出し始めると、周りに伝播してトゲを動かし始める。

最終的には群れ全体でトゲを動かすようです。

 

裏側はこんな感じ。

白い部分が口です。主に海藻や生物の死骸を食べています。

見ての通り裏返されると無防備。

石鯛たちは頑張って真上からトゲを咥えて裏返し、この裏側から捕食します。

 

ガンガゼには白い個体もいます。

若い個体だとかアオスジガンガゼだとかアラサキガンガゼだとか色々な情報がありますが、学者レベルでないと見分けるのは難しそうです。

 

今回はガンガゼについての雑学でした。

LINEで送る