釣りの事なら釣太郎

タイラバ、ジギング、エサ釣りetc. 幅広い使い方ができる高コスパなカウンター付きリール!

LINEで送る

ダイワ LIGHT SW X IC SS

船から使うのに適したモデルで、かなり浅溝のスプールです。

PE0.8号なら150m PE1号なら100m巻けるリールです。

 

自分も普段から使っています。

PE0.8号150m巻いていて、用途はタイラバや胴付き仕掛けに。

カウンター付きリールのメリットは色々あって、

例えば水深30mのところで着底させて、カウンターが31mとなっていれば

潮の流れはほぼ無し。何の影響もなく真下に落ちている。というのが分かります。

 

逆に水深30mのところで着底させて、カウンターが38mとなっていれば

かなり潮の流れが速い。潮の影響でかなり流れている。

 

当日の状況把握もすぐにでき、流れが悪ければもっと軽い仕掛け。

流れすぎているのであれば重い仕掛け。 と次の手次の手。と変えていくことができます。

 

魚探で底30m。 ベイトの反応20m付近。という情報を掴めば、それにドンピシャでアプローチすることも可能です。

 

使っていて一番恩恵を感じるのは魚とのやり取り。

魚をかけてやり取りをしていて、水面まであと何m。という情報はかなり助かっています。

大体の魚は水面まで来たときに最後の暴れをしてくるのですが、その時にバレてしまうことが多い。

このリールは残り5mから「ピッ、ピッ」とアラーム音が鳴り始めます。

そこから暴れに対応できるように、いなす準備ができていればバレる回数はかなり減ります。

 

船釣りを始めてみたい。船釣りをしているけどカウンターなしのリールを使っている。

そんな方にぜひ手に取っていただきたいリールです。

 

PE0.8号を巻いておけば大体の釣りにも対応できるので、買って腐ることのないリールだと思います。

釣太郎白浜店にて販売しております。

LINEで送る