釣りの事なら釣太郎

いろんなジグのカタチ。 細長かったり扁平していたり・・・ どう違うの?

LINEで送る

細長い物やらごっつい物。

同じグラム数なのに形が違うものであふれていますよね。

 

違いを理解していくと攻略できる状況が広がります。

 

細長いジグは抵抗が少なく潮が速い時がオススメ。

竿の動きに素直について来てくれるタイプのジグです。

アクションの跳ね上げの視覚効果で寄せて食わせるイメージ。

 

左のごついタイプは引き抵抗が大きく、潮が遅いときにオススメです。

フォールがゆっくりで緩い流れでも流れてくれやすいタイプ。

潮が速い場合は抵抗が強く、アクションがしんどいです。

フォールの波動で魚にアピールします。

 

このジグじゃなきゃ釣れない!というものは存在せず、逆にこのジグでは全く釣れない。というものも存在しません。

状況と使い方次第です。

 

とはいってもアクションが悪かったり、針が悪いものがあるのも事実です。

 

 

 

LINEで送る