釣りの事なら釣太郎

台風通過後の釣りの展望

LINEで送る

台風多くて釣りにいけん! と言う方も多いのではないでしょうか。

自分も船釣りがメインなのでほとんど釣りに行けていません。 

船は堤防釣りに比べると波や風の影響を受けやすく、一度沖に出てしまうと逃げ道がないので結構シビアに考えます。

 

そんな釣り人の敵である台風ですが、悪い側面だけではありません。

まず悪い側面は

・釣りに行けない。

・海が濁ってしまう。

・ゴミの漂流物が多い

こんなところでしょうか。

 

では良い側面は?

・海中の状況がガラッと変わる。

 →台風が接近すると、大きなうねり波が出来ます。うねり波は海を底からかき混ぜる効果があります。 海底にはヘドロや生物の死骸が堆積しますが、それがかき混ぜられる。という事です。一見悪い事のように思いますが、海底にも死骸がたまりやすい場所があり、そういった場所の水は淀んでしまいます。その淀みを解消するのが台風です。

台風後に今まで釣れなかった場所で魚が釣れる。と言うのはそう言って部分も関係しているのかも。

・台風明けは魚がよく釣れる。

 →これは台風で魚が捕食活動が出来ず、空腹の為。 特に秋に向かっている現在ではカンパチやブリなどの捕食魚が釣れだしているので、台風明けはかなり期待出来そうです。

 

 

 

LINEで送る