釣りの事なら釣太郎

ダイヤモンドレベルの硬度があり、金レベルの比重の重さのタングステン。 最強の素材のジグ。 

LINEで送る

タングステンのジグを使ったことがありますか?

高いやん。ジグは消耗品やから・・・

っていうので敬遠している方も多いのではないのでしょうか。

 

一般的なナマリのジグとの違いは同じシルエットでより重さを出せる。と言う点。

上の写真でも似たようなシルエットですが重さが2倍も違います。

 

これを陸から使う場合と、船から使う場合のメリットをそれぞれ説明したいと思います。

 

陸釣り(ショアジギング)

・重いうえに軽いのでめちゃくちゃ飛ぶ。

・シルエットが小さいので大きなジグに反応しない魚を釣れる。 釣れる魚を増やせることに繋がります。

・小型なので引き抵抗がナマリに比べて軽く、疲れにくい。

 

ショアジギングで考えられるのはこんなところでしょうか。

注意が必要なのは比重が重すぎるがゆえに着底が早い。という事。ナマリと同じ感覚でやっていると思わぬ根掛りがあります。

 

船釣り(オフショアジギング)

・フォールスピードが速く、すぐに底を取れる。

・手返しが抜群でハイテンポな釣りが出来る。

・深場狙いでもシルエットの小型化が出来るので、釣果に繋がりやすい。 

・ダイヤモンドクラスの硬度があるので、感度がめちゃくちゃいい。 

  底を取った時などの情報は、潮が早かったり深場であればあるほどボヤけてしまいますが、タングステンならかなり分かり易いです。

 

自分は船釣りがメインなので、使い分けとしては潮や風が緩く、船があまり流れない時はナマリ。

潮がやや速い場合や、少し深場の時はタングステン。と言う棲み分けをしています。

 

使っていて一番感じるのは感度の差です。 ナマリも底に着底すれば分かりますが、タングステンは別格。

落ちる速度が速い+硬いというのが合わさって、着底後に竿が跳ね上がるぐらいの分かり易さがあります。

 

似たような重さでもここまでの違いがあります。

 

色々文章で説明しましたが、違いを体感するには使ってみるのが一番!

一度使うとナマリに戻れないです。 

世界が変わりますよ。

 

 

LINEで送る