釣りの事なら釣太郎

満月、新月、半月、って? 夜の空に浮遊する月に釣果を左右されている?

LINEで送る

満月の日はなんか釣れる。

三日月の日はあんまりつれない。

 

これは潮の満ち引きに影響しています。 月の状態=潮の状態といっても過言ではありません。

 

夕方に満潮やから今日は期待できる!

20時満潮やから18時には帰らな濡れるな・・・・

 

自分の釣りに少なからず影響を与えている潮の満ち引き。

 

別にこれを理解したからと言って釣果が上がる。というものではないですが

まぁ、雑学程度に見てもらえれば。 と思います。

 

まず月が満月だったり三日月だったりの話。

月は地球の衛星。 そして地球は太陽系の中の一つの惑星。

月の見え方は太陽の光に影響されています。 

月aでいえば地球から見たときに太陽の光が受けないので新月。

bは半月。 上弦の月とも言います。 

上弦というのは弓の弦を上方向に引っ張った時を現しています。

昔の人はこうやって表現していたんですね。 なかなかお洒落な表現です。

 

こうやって月と太陽、そして地球の位置関係によって満月やら三日月やらが決まります。

 

次に月と潮について。

月の引力、太陽の引力を考える必要があって、もちろん海水もこの引力に引っ張られます。

 

月Aは太陽、月の引力が一致しています。 地球にかかる強く引力が強く、大きく潮が動きます。

月Cも変動差が激しくなります。   

月a,Cの時を、一般的に大潮と呼んでいます。

 

月b,dは月の引力に対して、太陽の引力が直角にかかり、地球にかかる引力は少ないです。

もちろん動く潮は少ない。 こんな時を小潮といいます。

 

釣太郎で無料配布している潮見表ですが、

新月満月は大潮、上弦下弦の月の時は小潮になっています。

 

大潮小潮の間に中潮がありますが、これも太陽と月の位置関係で変動しています。

 

今回は月と潮の雑学でした。

LINEで送る