釣りの事なら釣太郎

秋のサビキ釣り、ちょい投げ釣り特集!初心者さんでも始めやすい秋の釣りを紹介します!

LINEで送る

前置き 

   ~いかに秋の釣りは素晴らしいか~

 

夏場は暑すぎて湿っぽくて外に出たくない。。。

それは魚も同じで、暑すぎるとあまり釣れない傾向にあります。

人間でいえば気温、魚でいえば海水温が重要です。

魚にはそれぞれ適水温というものがあり、それを大幅に超えたり下回ったりすると活性(魚のやる気)が下がります。

 

簡単に言えば夏は魚のやる気が低い季節です。

 

そこから徐々に涼しくなっていく秋にかけて魚のやる気も上がっていきます!

もっと言えば多くの魚の産卵期は春です。 そこから生まれた稚魚たちが半年間成長して、食べごろのサイズになっている季節でもあります!

食欲の秋とはよく言ったものですね。

 

この時期は初心者さんでも手軽に釣りを始めやすい季節!

 

今回は秋で有効なエサ釣りの方法について特集していきます!

 

まずはサビキ釣り

 

初めに簡単な仕掛けの全体図を理解しましょう。

これが仕掛けの全体図、サビキ釣りの釣り方です。

夏場は生まれて間もないアジがほとんどで、豆アジと呼ばれています。

豆アジは口が小さいのでサビキ仕掛けも針が小さい0.5号~2号が活躍していました。

 

 

秋はサイズが上がるので4号のサビキ仕掛けが使いやすいです。

 

エサは冷凍エサと常温のタイプがあります。

常温の物は手が汚れにくく、すぐ使えるのがメリット。

冷凍の物は取れたアミエビをそのまま凍らせているので、匂いが強く魚を寄せるのが速いです。

また加工等の手間が無いので、常温の物よりも安いです。

 

手軽な常温タイプ。 質よくリーズナブルな冷凍タイプ。 という認識です。

 

サビキ仕掛けで釣れる魚は アジやイワシがメインです。

アジやイワシは簡単に釣れ、しかも美味しいので1年通して狙う人が多い魚です。

 

最後に釣り場紹介。

 

和歌山県田辺市新芳養堤防(しんはや)内湾

サビキ釣りでよく釣れるのは奥に見える内湾です。

手前の護岸は太刀魚、カマスなどがメインです。

 

和歌山県みなべ町堺漁港

釣太郎みなべ店の前にある漁港です。

シーズンになると人が集まる一級の釣り場です!

 

釣太郎ではこんな風に、買ってすぐに釣りができるようにしてあります。

何が必要必要かなー、エサ何がいいんやろー。

と悩む事も無いので、手ぶらでも大丈夫です!

 

次にちょい投げ釣り

サビキ釣りとは違い、10mほど仕掛けを前に投げて釣る釣り方。

 

エサは青イソメや石ゴカイを使います。

左が石ゴカイ、右が青イソメ。

どちらを使ってもあまり変わりませんが、シロギスを数釣りたい!というときは石ゴカイ。

大きいシロギス、マダイ仔魚、カワハギ等、幅広く狙いたい場合は青イソメがオススメ!

秋のキスは大きいサイズが多いです!

狙うのは砂地がオススメ!

 

釣り場は

和歌山県田辺市新芳養堤防(しんはや) 砂場

和歌山県みなべ町埴田漁港(はねた)

やはりどちらも砂地メインですね!

 

ちょい投げ釣りは細長い針で釣るので、飲み込まれることが多いです。

こんな小道具があれば便利です。

 

 

今回は秋に釣れる魚の釣り方のまとめでした!!

余り釣りができなかった夏から徐々に魚が釣れ出す秋がチャンス!!

比較的魚が釣れやすい季節なので、初心者さんにもおすすめのシーズンです。

敷居が高いと思われがちな釣りですが、やってみると「簡単やん!」と思えますよ!

 

 

 

LINEで送る