釣りの事なら釣太郎

暗闇に浮かぶ漁り火の舟に乗って、一緒に漁師体験しませんか? キャッチングもできるツアーを現在企画中です。【和歌山釣太郎】

LINEで送る

いさり火といても地方によりまちまちですが、ここみなべ町ではイワシを狙って網を張る、棒受け網漁が盛ん。

煌々と暗闇の海に灯りを放てば、小さな魚が集まり、それを狙ってさらに大きな魚が集まってきます。

真っ暗の海の浮かんでいるだけで、独特の雰囲気に包まれるのですが、海面に浮かんでくる魚を見れば、もう気分は「非日常ゾーン」入り込みます。

今回はイカ、タコはなかったのですが、海老、虫餌のような生物、見たこと長い海老、ウナギ仔魚、ワタリガニ、飛び魚がすくえました。

この捕獲タイムは約2時間。

その後、漁の見学と体験に移ります。

漁師さんの大半は、陸に上がるとなんてことはないのですが、海の上では輝くのです。

日頃は武骨そのものですが、船の上では見ていて実に格好が良いのです。

今年はイワシの回遊がかなり遅れたのでスタートも延期されましたが、この企画は8月末までとなります。

台風接近中なので、お盆明けからが本格にはじまります。

詳細は追って、ご報告いたします。

この夏、生涯忘れることが出来ない、貴重な思い出作りにチャレンジしませんか?

LINEで送る