釣りの事なら釣太郎

フグ科の生態 特徴 膨らまし方???

LINEで送る

波止釣りで釣れる厄介者。

代表的なエサ取り。 針を嚙み千切る強靭な歯。

テトロドトキシンという強毒持ちで死亡例が多数ある魚。

種類によっては超高級魚で固めの白身、薄造りにしたてっさは日本人なら1度は食べてみたい憧れの料理。

 

一般的なフグに対する知見はこんな感じでしょうか。

トラフグやアカメフグは、堤防でよく釣れるクサフグと違って超好感度の高い美味な魚ですね。

 

では、なぜ身が固いのか、フグにとって毒はどういう存在?

ということについて説明していきます。

 

フグの一番の特徴は腹骨がない。 内臓を守る腹骨がないのです。

ではどうやって内臓を守るのかというと誰しもが見たことがある、膨らむことで外敵からの致命打を避けています。

泳ぐのが上手な魚ではないので襲われる頻度が多いですが、膨らむのと硬い身で自身を防衛しています。

身が固いのは敵からの攻撃に耐えるためなんです。

ちなみにフグのふくらまし方は、お腹をつまんで少し振動を与えてやると面白いように膨らみます。

 

次にフグとテトロドトキシンについて。

生まれつき毒を持っているのではなく、毒を含んだ貝類などのエサを食べることで体に毒を持つようになります。

フグはテトロドトキシンに対してある程度の耐性があるので、この毒を利用しています。

普段からの防衛手段、産卵期の卵を守るため、オスを引き付けるためにも使われているようです。

 

また、精神の安定のために毒を利用している。という話もあって、養殖で毒のない餌を与え続けると水槽内での喧嘩が多発するようです。

再び毒入りのエサを与えると落ち着くようで、喫煙者のタバコみたいなものですね。

「テトロドトキシン超気持ちいいー!」 ってな感じなんじゃないでしょうか。

 

諸説ありますが、フグの由来は(ふく)らむからです。

今回はかわいいフグについての雑学でした。

LINEで送る