釣りの事なら釣太郎

フグは元々毒の無い魚って知ってました?

LINEで送る

フグ=猛毒の魚というイメージが強いと思います。

もちろんその通りなのですが、生まれた瞬間は毒がありません。

テトロドトキシンというのがフグ毒の正体ですが、この成分を持った生き物を食べることで体内に蓄積されていきます。

なので生まれた瞬間から養殖で人工ペレットをあげて育てると毒のないフグとして育てることができます。

毒のないフグの養殖水槽に天然物のフグを1匹混ぜると、無毒なフグにも毒が回るそうです。

人工ペレットで無毒なものをあげているのに毒が回る。というので求愛行動にこのテトロドトキシンを利用してるのでは? という議論もあるようです。

 

とはいえ、おおかたのフグにはテトロドトキシンが含まれているので我流調理は絶対にしないでください。

テトロドトキシンについては、また詳しく調べてアップしたいと思います。

 

今回はフグの特性についての雑学でした。

LINEで送る