釣りの事なら釣太郎

パリトキシンって?

LINEで送る

                                    palytoxin

 

生物が持つあらゆる毒素の中で最強の毒性を持つパリトキシン

加熱処理、冷凍処理をしても死なない最強の天然毒です。

毒性の強さは、サスペンスドラマや推理が上手な子供が登場するアニメでもおなじみの〇人薬、青酸カリの約1万倍と言われています。

 

パリトキシンを持っている魚は

ソウシハギ、ハコフグ、アオブダイが有名です。

一般的にはハコフグはそもそも食べない。ソウシハギは猛毒のヤバい魚というイメージが持たれているので死亡例や中毒例が少ない。

厄介なのがアオブダイで死亡例と中毒例が極端に多いです。

 

パリトキシンはスナギンチャクという生物がもつ自然毒で、こいつを食べる事で体内に蓄積されていきます。

なので、同じアオブダイでも体内に溜まりまくっている個体とそうでない個体がいます。

一度食べて大丈夫だったから。。。といって何度か食べているうちにハズレを引いた。 という事も起こりえます。

 

症状は激しい筋肉痛、麻痺・痙攣、呼吸困難で最悪死にます。

対策は、パリトキシンを持っている魚は食べない。という以外ありません。

 

見慣れない魚や食べたことのない魚を釣ったら、周りの人に聞く。ネットで食べれるかどうかを調べる。

これを徹底してください。

 

今回はパリトキシンの雑学でした。

 

LINEで送る