釣りの事なら釣太郎

今の時期のアオリイカは、ヤエン釣りよりもウキ釣りの方が獲れる!

LINEで送る

アオリイカは藻イカと呼ばれるほど、海藻がある所についています。

ヤエン釣りでは、アジが藻に突っ込んでアタリがない

アタリがあっても、藻の向こうに回られてヤエンを入れられない

ヤエンを入れても藻に絡んで道糸から切れたなど。

こんな時は、ウキ釣りが一番!

ウキ釣りで、藻場を直撃することが出来ます。

藻と藻の切れ目、または藻の上をウキ下を調整することによって、

狙い撃ちすることが出来ます!

それでは仕掛けのご紹介

竿はある程度硬めが使いやすいです。

こちらは、

竿が廃盤になっているダイワのドライマックス遠投2号

リールはシマノのバイオマスター3000

ラインはPE2号 たぶんPE1号の方が扱いやすそう

ウキはフジの8号負荷(FF-A8)、自立ウキなので、中通しオモリ5号をつけています。

アジがデカイ場合は、3号や2号に小さくします。

仕掛けはササメのクリア天秤かがまかつのするする仕掛け

こちらは仕掛けが1.5mと長いので、短く切って使います。

藻の上を釣る時は、ウキ下を80cmくらいまで

藻の隙間を釣る時は、ウキ下を1m50cmくらい

アタリが多い時間は、干潮から上げに変わって、1時間後~3時間まで

満潮から下げに変わって2時間後から4時間後

アタリ方は、ウキがゆっくり沈んでいきます。

そしたら、竿で聞いてみて、イカだと分かれば、

竿を立てて、ゆっくりリールを巻いていきます。

アジが遊動式の場合は、ゆっくり寄せながら、

イカの重みが伝わってくれば、一呼吸おいて、大きく合わせます。

仕掛けが50~1mくらい動く感じで大きくです。

固定式の仕掛けの場合は、糸ふけをとって、ゆっくり大きく合わせればOK

ハリには返し鈎が付いていないので、テンションを緩めずに巻いていきましょう。

こちらの写真は、アオリイカ1.5キロです。

乗った瞬間即合わせなので、アジも齧られていません。

竿を硬めでPEを使っておくと、藻が絡んでもそのまま引きちぎりながら寄せてこれます!

これはヤエン釣りでは出来ない業です。

ただ、藻が少ない釣り場では、ヤエン釣りの方がアタリが多く優位になりますので、

釣り場に合わせて、釣り方を変えるのもひとつの方法です。

おまけでヒラメが釣れる事も

LINEで送る