釣りの事なら釣太郎

久しぶりの釣果^_^

10年早い息子です

串本町有田、松村渡船さん利用で沖磯にいってきました〜😁

数年ぶりです。

石鯛釣りの師匠である鬼神丸氏といっしょです。

低い沖磯群は2番船

ぼくたちは圧倒的釣果を誇るらしいイチノコジ

燃えるゼー🔥

ただし、後述しますが、あまりおすすめできませんね〜👋

↑はカメゴシ🐢

次回はあそこにいってみたいですね

イチノコジ干潮時

引いているときは渡れますが中央部を波が抜けていきます。狭い部分を抜ける波はパワーが集中するのでかなり勢いが増します🌊

船長からもイチノコジが一番流されやすいから気をつけてーでした。

足場よさそうにみえますがお世辞にも良いとはゆえません。足裏太ももパンパンになります

ハエ根もかなりでているので魚をかける位置、やりとりする位置をかんがえないといけませんが狭いしうろうろできないのでタックルアップしないと難しいですねー。

と朝から2人で連発で飛ばされてから反省でした。

薄暗いうちは根がどんくらいでているかわかりにくかったし空撮本のイチノコジはまちがっていて、本にはのっていません🤷‍♂️

 

気配ムンムンってほどではありませんし仕掛け嫌がってるパターンから急に浅く食い上がったり沈んだりと、名礁が海の悪さを物語っています。

こっちは足場がいいかんじ

ただし当日波風サラシ同じ方向で強めなので若干釣りにくさはありました。

2人ともウェーダー着用です

低い磯に慣れきっている変態なぼくらは波があがってきても涼しい顔をしています。

途中連発もありぼくは和歌山で今シーズン初釣果でした🐟🐟🐟

悪い海でも流石名礁、魚の顔を拝ませてくれました😁

釣り方は極端で沖向き風がフォローにできるときはスルスルでゆっくりゆっくり探りあて、港向きにはいったときは横風、サラシ、海面ぐちゃぐちゃの先とシモリから飛び出す魚をつっていくためのてっとりばやさ、効率のよさ、強引にタカを引っ掛けてもポイントぼけしないよう必要な重さの鉛と浮き止めをいれ、5b仕掛けで連発でした。

また、がんばりまーす✌️