釣りの事なら釣太郎

マルアジを捨てて帰る人も少なくないので試食しました! 安い魚も旬の時に食べれば美味い 和歌山 釣太郎

魚をイメージで判断していませんか?   🐸

地元の釣人の中にはマルアジ(南紀ではマルアジ)を釣っても捨てていく人が少なくありません。

通常マルアジはマアジに比べて安く干物にされることが多いのですが、お寿司にするならマアジより美味しいとも言われています。

冬場の旬に塩焼きにしてみたところ、身が崩れやすいのですが繊細な味で悪くありません。

料理屋で食べようとは思いませんが、賄として食べるには十分通じる味。

天然の魚は養殖と違い旬があり、その時に食べれば絶品。 👌

たとえば高級魚の平目は冬季が旬で天然ものは当に絶品そのものですが、春になると地元では猫マタギといわれ釣っても

誰も持って帰らない程。この時期なら養殖の方が断然おいしい。

逆にイズスミやチヌ(クロダイ)、サンノジ、ボラ等釣人に外道扱いされる魚も冬場に血抜きして食べれば美味いんです。

魚が高級か安物かで判断している人が多いようですが、天然魚は季節によって味、価値が大きく変わるのが特徴。

それに対して養殖魚は年間を通じて一定に保たれています。 🐡

天然魚を旬の時に食べると養殖を大きく上回るほど美味ですが、逆にシーズンを過ぎると不味くなります。

ご参考までに。  🍤