釣りの事なら釣太郎

厳寒期の食い渋りグレに効く!沈め探り釣りとスルスル釣り(全遊動)の違い【初心者フカセ釣り指南】

どうも~ボリ兄です!

和歌山南紀地磯ハシゴ旅~First trip  スタッフボリ兄・橋本【フカセ釣り】~

最近地磯でポツポツとグレを釣っていますがかなり渋い状況が続いています。

最近の釣りで分かった事ですが、ウキ止めをつけて棚をとっても中々サシエサを触ってくれない事があり、スルスルもしくは沈め探り釣りで釣果を上げております。

この二つの釣り方はどう違うの?私なりの見解と釣りわけを少しお話してみようかと思います。

私のイメージでは、

全遊動(スルスル)釣り:ウキを浮かせ気味の状態でウキ止めを使わず底付近まで探っていく

沈め探り釣り:ウキごと沈めて探っていく。

二つの違いはウキを浮かせるのかウキを沈めていくのかと私なりに見解してます。

では二つの使い分けですが、

先ず私が釣り場について先ずセッティングするのが全遊動釣りの仕掛けです。

これはウキをなるべく見てアタリを取りたい、何処の棚でグレの反応があるのかを見るためです。

しかし、天候により風が強い、波がある、潮の流れがある場合マキエサとサシエサを同調させ難い場合が多々あります。

ウキを浮かせた状態で同調させる事ができるのであればそのままの仕掛けで行いますが、マキエサの沈む軌道とウキの流れる軌道が違うと沈め探り釣りに変更します。

これは海の潮流やサラシ、風によって邪魔されるからです。

この厳寒期で水温が下がった時はグレは積極的に巣穴から出て遠くまでマキエサを食いには行きません。

どちらかと言うとグレの巣穴にマキエサとサシエサを届けてあげないといけないというピンポイントの釣りになるのではないかと思います。

沈め探り釣りはウキ止めをつけた仕掛け、ウキ止めをつけていない仕掛けどちらでも行えますが、私は極力マキエサと同じ沈下スピードで持って行き、違和感無く食い込ますためにもウキ止めをつけない仕掛けを多用します。

出来るだけ表層のサラシや風に仕掛けを邪魔されず撒いたマキエサにサシエサを馴染ませて同じ軌道を描かせる釣りを心がけています。

お手本としているのはがまかつの猪熊テスターの釣りをイメージしています。

しかし、厳寒期とはいえ多少はマキエサに反応し磯際から近い範囲で行動しているはずなのでどの棚で食うのかをカウントダウンや沈んでいるマーカーやウキなどで大体把握します。

上の動画でもグレが食うとある棚で止めて待つとバチバチッとラインをはじいていきました。

しかしすぐさまあわせると乗らず、一呼吸待ってから合わすと上唇皮一枚という状況。

これはオキアミを咥えているだけなのでしょう。

そして反転し下へ潜ろうとした時に口先へ掛かるのであって早合わせだと反転し角度が付かないからすっぽ抜けるとイメージし合わせのタイミングも慌てず一呼吸の間を取って釣果を重ねる事が出来ました。

同行した橋本君にもレクチャーしながら釣りを見てもらい実際に『今グレの棚に着いた。ここで張って待つ。すぐに反応あるで~』の後バチバチッと本当に食って来て橋本君も感動していましたw

海中のイメージが出来て、マキエサの沈下の軌道と仕掛けの沈下の軌道を合わす事が出来て、グレが食った棚を把握できればこの釣りも連発が楽しめます。

この渋い状況でもラインをはじくアタリが出るのもグレの口先まで届けられているからではないかと思います。

少し難しいかも分かりませんが是非この釣りを覚えて実践してみて下さい!

しぶ~いこの時期だからこそ色々試せる釣り方の一つだと思います。