釣りの事なら釣太郎

渋い時こそオモリは必要?軽い仕掛けがいい?【初心者フカセ釣り指南】

さ~~寒グレのシーズンです!

ウキにはたくさんの種類があり、浮力もあるのでどれか迷ってしまいますよね!

先日田子沖磯に行った時のグレの状況ですが、

田子は基本浅い釣り場なので軽い仕掛けでマキエサと合わせていくのがセオリーです。

先日も軽い仕掛けを使用しハリスにがん玉は一切打たずに釣りをしていました。

しかし風が強くなり『なじみ』が悪くなるとウキを沈むウキに交換しそれでもがん玉を打たない軽い仕掛けにこだわり釣りをしていました。(ウキの浮力は0~00)

表層にはたくさんのボラ。このボラが軽い仕掛けのサシエサに連続で当たってきたことによりチモトにがん玉を追加した仕掛けに交換しこの日初めてのウキ止めをつけました。(ウキの浮力はG4)

すると今まで木っ端の尾長グレが口太グレの30cmに変わったのです。

このグレからヒントをもらいもう一度同じ仕掛けで。

するとまたも口太グレが食ってきたのです。

これで確信に変わり仕掛けを重たい仕掛け(ウキの浮力は2B強)に交換。

浅い釣り場で深い棚。それもチモトにがん玉を入れた仕掛けで食ってきた。

これは寒グレ=違和感をなくす=がん玉は極力使わない

という概念を、グレの棚へ確実に届けられるしっかりした仕掛けが良いと教えてくれるグレとなりました。

そこからは1投に1回はアタリが出るようになり、その日最大の38cmまでパタパタと計5枚追加できました。

迎えの船が来る少し前にこのパターンを発見したので早めに見つけていれば2桁は十分に望めたでしょう。

寒グレは水温が高い時と違い行動範囲が狭くなりますのでポイントにしっかりとサシエサとマキエサを届けてあげることができる仕掛けが正解です!

できればそのポイントに届けてあげられる一番軽い仕掛けが良いでしょう!

なので状況に合わせて軽い仕掛けも重たい仕掛けも備えておくことをお勧めします!

長々と失礼しました🐟