釣りの事なら釣太郎

極小ガン玉で浮力調整の重要性とは?

売場で見かける極小のガン玉⑧号⑦号ですがスルーしている人も多いのでは??

こんな小さなガン玉ですがウキの微妙な浮力調整には欠かせません。

BのウキにBのガン玉ですが、ウキが浮いていると海面の流れと本来の流れと違うことがあり仕掛けがマキエサとずれていってしまうという事があります。

そういったときは小さなガン玉を1個づつ追加しウキの潮なじみ(マキエサと同じ流れ)になるように釣り人が調整していきます。

なのでこの小さなガン玉を微調整用として持っていれば便利!

事前にガン玉オープナー(ガン玉割)などでしっかり開けておくと釣り場での付け足しが容易となります。

また割れ目に白のマーカーなどで色付けしておくと分かりやすいと思います!