釣りの事なら釣太郎

西日本の上空には数年に一度レベルの強烈な寒気が入る

ここまで寒くなる冬も最近の記憶にないですね!

それもこれも、ラニーニャ現象の影響。

↓気象庁

 ラニーニャ現象が発生している時には、東風が平常時よりも強くなり、

西部に暖かい海水がより厚く蓄積する一方、東部では冷たい水の湧き上がりが平常時より強くなります。

このため、太平洋赤道域の中部から東部では、海面水温が平常時よりも低くなっています。

ラニーニャ現象発生時は、インドネシア近海の海上では積乱雲がいっそう盛んに発生します。

 

簡単に言うと、雲がたくさん出来やすい→その北側の高気圧が発達する→

上空の偏西風を押しのける→偏西風が蛇行する→蛇行ついでにシベリア寒気を日本に連れてくる。

という感じです。

寒さのピークは土曜日。

南国白浜でもマイナス1度になっていますので、路面の凍結に注意して下さい。

14日の日曜日から17日の雨前までは、風が緩むタイミングで、凪が続くと思われます。

極寒は13日土曜日まで。もうしばらくの辛抱で