釣りの事なら釣太郎

集魚材の原料一覧 説明

 


・アミノ酸

魚が好むアミノ酸!
旨味成分が多く、サシエサにかけて使うと
魚の食い気を良くします。
フカセ釣り・釣堀り・船釣り・カセ釣りなどに!

 


・ムギヌカ

粘りが強く、少量でまとまります。
集魚剤を遠投させたい時や、ダンゴの
硬さ調整などに使えます。

 


・にんにく粉末

超強烈にんにく臭が魚の嗅覚を刺激!
サシエサやマキエサに入れて使います。
少量ずつお使いください・・・・


・キラキラ

海中でキラキラ光を反射し、
視覚ルアー効果で魚を寄せます。
マキエサに混ぜてお使いください。


・ペレット

養殖魚のエサとして使われているため間違いなし!
粒が硬いためサシエサには不向きでマキエサに使えます。
小粒・大粒どちらも沈むタイプです。

 


・海藻粉末

昆布やホンダワラなどの海藻を凝縮した粉末です。
匂いや旨味で、海藻を好む魚に強烈アピールします。
グレ・イガミ・アイゴ等


・エビカニ粉

その名の通りエビとカニが凝縮された粉末です。
魚粉とはまた違った匂いが強烈で、魚の嗅覚を
刺激アピールします。


・イワシ粉末

いわゆる魚粉です。
匂いも強烈ですが集魚効果も高く
いろんな釣りの集魚アップ効果があります。
フカセ釣り・カゴ釣り・紀州釣り・筏釣り等


・アオサ粉

グレの大好物アオサはマキエサに入れると
海苔の匂いで集魚効果あります。
海藻を好む他の魚にも効果あり。


・カラームギ

魚からは目立つカラーでアピール!
釣り人からは、見やすいカラームギ!黄色はチヌが好み、
緑色は海藻のイメージ、赤色はグレ釣りに!


・小粒ムギ 高比重

丸麦を砕いた物や小粒のムギが入っています。
早く沈み深い棚にいる大物にアピールします。
丸麦より小粒でエサ取り対策に。


・丸ムギ 高比重

皮をむいたそのままのムギです。
押し麦より沈下が速く、エサ取りが多い時や
深い棚で釣りをする時に有効です。


・圧ペンムギ 軽比重

平らに潰した大きいムギで魚にアピール!
普通のムギより比重が軽く、長い時間水中で
魚の気を引きます。


・押しムギ

定番の押し麦。
ユラユラ落ちる麦が視覚ルアー効果で魚を寄せます。
オキアミより早く沈み底まで届きます。


・ブレンドムギ

押し麦・ひきわり麦・圧ペン麦の
大きさ、比重の違う3種の麦をブレンド。
圧ペン(軽い)・押し麦(中)・ひきわり(重い)

 


・とうもろこし 圧ぺん

乾燥トウモロコシを平に潰したもので、
ムギより大きくアピール力抜群。トウモロコシは
チヌの好物で、市販の配合にも使われます。


・カキガラ

カキを細かく砕いたもので
ユラユラと落ちていくため、魚の気をひきます。
チヌ釣りのイメージが強いですが他の魚種でも
効果がありエサ取りが多い時にも下まで通るため有効。


・オカラ粉末

水分を吸ってよく膨らみます。
粘りが無く単品だと使いにくいため
量を増やしたい時にお使いください。
比重は軽め。


・荒びきサナギ

サナギを乾燥させ、粗めに粉末にしたもので
強烈な匂いが、魚の嗅覚を刺激し寄せます。
チヌ以外の魚にも効果があります。


・オキアミ粉

オキアミを粉末状にし乾燥させています。
マキエサに混ぜると集魚効果アップ!!
魚を寄せます。


・しょうゆ酵母

しょう油を絞った後の酵母。
強烈な匂いで魚を寄せ、
マキエサに入れると集魚効果抜群。


・小麦の外皮

主に小麦の皮です。
比重は軽く粘りが無いのが特徴で
マキエサの量を増やしたい時に使えます。


・パン粉

定番のマキエサ原料。
まとまりよく集魚剤のベースとしても使えます。
比重は軽めでグレフカセ釣りによく使われます。


・米ヌカ

定番のマキエサ原料。
比重は軽く濁りが強めで粘りあり
まとまりもよくベースとして使えます。


・アミエビ濃縮エキス

アエミエビを絞って抽出したエキス。
集魚効果は抜群でマキエサやサシエサに。
塩分が高いため防腐効果もあります。